“槍柄”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
やりえ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“槍柄”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
だが、小次郎の体は、モチ竿ざおに着いた小鳥のように、槍柄やりえの下に添って、五郎次のふところへそのまま、つけ入って行った。
宮本武蔵:07 二天の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)