“桶町”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
おけちょう100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“桶町”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > 彫刻 > 彫刻史 各国の彫刻1.2%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
うちにいる時はそうするがね。毎日桶町おけちょうまで勤めに行くからね、昼は弁当だし帰りにゃ花村はなむらかどこかで一杯やらアな。」
雪解 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
その当時、私の友達で京橋桶町おけちょうに萩原吉兵衛という人がありました。