“柱列:ちゆうれつ” の例文
“柱列:ちゆうれつ”を含む作品の著者(上位)作品数
ハンス・クリスチャン・アンデルセン1
“柱列:ちゆうれつ”を含む作品のジャンル比率
文学 > ドイツ文学 > その他のゲルマン文学7.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
われは馭者と脊中せなかあはせに乘りたれば、古祠の柱列ちゆうれつのやうやく遠ざかりゆくを見やりつゝ、耳には猶少女の叫びし聲を聞きて、限なき心の苦しさを忍び居たり。