“柔膚:にぎはだ” の例文
“柔膚:にぎはだ”を含む作品の著者(上位)作品数
斎藤茂吉1
“柔膚:にぎはだ”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
日本古来の文学には、「いざせ小床をどこに」「七重ななへるころもにませる児らが肌はも」「根白ねじろの白ただむき」「沫雪あわゆきのわかやる胸を」「真玉手またまで、玉手さしまき、ももながに、いをしなせ」「たたなづく柔膚にぎはだすらを」「にひ膚ふれし児ろしかなしも」などとは云つてゐても
接吻 (新字旧仮名) / 斎藤茂吉(著)