“柔泉:じゅうせん” の例文
“柔泉:じゅうせん”を含む作品の著者(上位)作品数
吉川英治1
“柔泉:じゅうせん”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「四の柔泉じゅうせんは、氷の如く冷やかで、炎暑を越えてきた旅人はみな飛びついて飲むが、これを飲んで助かった人間はむかしから一人もなかった」
三国志:10 出師の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)