“曲庇者”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
きょくひしゃ50.0%
きよくひもの50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
おのれもまた伯が当時の免官の理由を知れるがゆえに、いてその成心を動かさんとはせず、伯が心中にて曲庇者なりなんど思われんは、朋友に利なく、おのれに損あればなり。
舞姫 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
おのれも伯が当時の免官の理由を知れるが故に、て其成心を動かさんとはせず、伯が心中にて曲庇者なりなんど思はれんは、朋友に利なく、おのれに損あればなり。
舞姫 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)