曲庇者きよくひもの)” の例文
おのれも伯が当時の免官の理由を知れるが故に、て其成心を動かさんとはせず、伯が心中にて曲庇者なりなんど思はれんは、朋友に利なく、おのれに損あればなり。
舞姫 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)