“明眸絳脣”の読み方と例文
読み方割合
めいぼうかうしん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
明眸絳脣香肌白き事の如し。女王マリア・ルイザ、その美をみ、遂に之を鴆殺せしむ。人間め得たり一香嚢の長恨ある、かの楊太真れぞや。侯爵夫人に情郎あり。