“旧藩主”の読み方と例文
読み方割合
きゅうはんしゅ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「いいえ、僕の友だちがやはり旧藩主のところへ家庭教師にあがっていますが、ナカナカいといっています。僕は正三が卑屈な人間にならなければいいと思って、それを案じるのです」
苦心の学友 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)