“旧家主”の読み方と例文
読み方割合
もとやぬし100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
所謂ヌシだ。隣村の千里眼に見てもらったら、旧家主の先代のおかみの後身だと云うた。夥しい糞尿をしたり、夜は天井をぞろ/\重い物きずる様な音をさせてあるく。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)