“旧藩士”の読み方と例文
読み方割合
きゅうはんし100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
なんとなれば、伯爵邸の門内には家令の富田さんはじめ旧藩士が大ぜい住んでいて、その子供たちが時おりお相手をおおせつかる。
苦心の学友 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)
旧藩士の子弟の中に現在中学一年生で成績優等のものはないかとのおたずねでございます。わしは方々問いあわせましたが、きみのところがいちばんよく条件にかなっています。
苦心の学友 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)
旧藩士で中年以上の人はたいてい安斉先生のお弟子さんだ。
苦心の学友 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)