“日泊”の読み方と例文
読み方割合
ひどまり100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
固より不実意の女と見えて、永禪和尚の情にひかされて宗慈寺へ日泊を致す様に成りましたが、お梅は年三十になりますから少ししがれて見えますが、色ある花は匂い失せずの
敵討札所の霊験 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)