“日本空軍”の読み方と例文
読み方割合
にっぽんくうぐん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
これでは今日も、日本空軍のはげしい爆撃があるだろうと思って憂鬱になったとたんに、ぷーっという空襲警報のサイレンであった。