“日本原”の読み方と例文
読み方割合
にっぽこうげ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
明治の末頃にも、作州那岐山日本原の広戸の滝を中心として、処々に山姫が出没するという評判が高かった。裸にして腰のまわりだけに襤褸を引き纏い、髪の毛は赤く眼は青くして光っていた。
山の人生 (新字新仮名) / 柳田国男(著)