日掛ひがけ)” の例文
由「旦那、私も少し助けますよ十分の一……一度にはどうも出来ませんから、日掛に追々入金をいたしますが、どうか身請をして上げて下さい」
霧陰伊香保湯煙 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)