“日向掾”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ひゅうがのじょう100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“日向掾”を含む作品のジャンル比率
社会科学 > 社会 > 社会学3.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
また同じく河原者と言われた人形使いの如きも、あるいは散所の者などと呼ばれて、同じ仲間の落伍者でありましたが、つとに日向掾ひゅうがのじょうなどに任官して、名義上では奏任官の地位を得ていたものもありました。