“撞金”の読み方と例文
読み方割合
たたきかね100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
岩丈な樫の扉は深緑色褐色と、幾度か塗替えられたが、扉の中央に取付けられた鋳物の獅子の首と、その下に垂下った撞金は、昔も今も変らず云合したように手ずれがして黒く光っていた。
P丘の殺人事件 (新字新仮名) / 松本泰(著)