“摩醯首羅”の読み方と例文
読み方割合
まけいしゅら100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
槍を挙げて、あ、と言って散指の形をして見せました。やや遠く離れて槍を抱えては摩醯首羅の形をして見せました。またそろそろとの槍を入れたその眼は、難陀竜王の眼のように光ります。
大菩薩峠:13 如法闇夜の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)