“摘口”の読み方と例文
読み方割合
つみぐち100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その漆の木のところに行くと、童子はみんなにぶやうに言附けた。そして自分で漆の芽を摘み取ると芽の摘口から白い汁が出て来た。
念珠集 (新字旧仮名) / 斎藤茂吉(著)