“搖崩”の読み方と例文
新字:揺崩
読み方割合
ゆりくづ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
今日自分が偶然路上で出會した一事件——自分と何等の關係もないに不拘、自分の全思想を根柢から搖崩した一事件——乃ち以下に書き記す一記事を、永く/\忘れざらむためであつたのだ。
葬列 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)