“揮亳”の読み方と例文
読み方割合
きごう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
また小野蘭山自筆の掛軸一個も気前よく同君に進呈しておいた。それに蘭山先生得意の七言絶句詩が揮亳せられてあったが、今その全文を忘れた。なんでも山漆、鶴虱のことが詠じてあった。
植物一日一題 (新字新仮名) / 牧野富太郎(著)