“掛布團”の読み方と例文
新字:掛布団
読み方割合
かけぶとん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
テムプル先生の寢臺に近く、そのまつ白なカァテンに半ばはれて、小さな子供用の寢臺があつた。その掛布團の下には人の型の輪郭が見えるけれど、顏はカァテンの蔭にかくされてゐた。