“捷計”の読み方と例文
読み方割合
しょうけい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それには何より忍術を学び、雲に乗り風を呼び身を変じ、敵の心胆を寒からしむるが何よりの捷計と存じまして弟子入りお願い致しましてござる
蔦葛木曽棧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)