“据兼”の読み方と例文
読み方割合
すえか100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そこは旗下の若様だけ腹に据兼ね、ぐいと込上げて来るとに青筋が二本り出まして、唇がぶる/\震え出し、顔の色を少し変え、息遣いも荒く
松と藤芸妓の替紋 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)