“据傲”の読み方と例文
読み方割合
きよごう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その灰白色の穂はニヒリストのやうな白々しさしか感じさせない。据傲な刈萱を見れば、いつしか敵意を感じて、穂といふ穂を打つて見たくなる。
秋の七草に添へて (新字旧仮名) / 岡本かの子(著)