“挽馬場”の読み方と例文
読み方割合
ひきば100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
あの男はこの競走は穴が出そうだと、厩舎のニュースをったが、訊く度にう馬を教えられて迷いに迷い、挽馬場と馬券の売場の間をうろうろ行ったり来たりして半泣きになったあげく
競馬 (新字新仮名) / 織田作之助(著)