“指矢”の読み方と例文
読み方割合
さしや100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
保元の乱におきましては、指矢三町、遠矢八町——などと呼ばれる騎射の名手が、南都興福寺の信実だの玄実だのの、荒法師ばらに召し具されまして、新院方にお味方し、比類ない武勇を
あさひの鎧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)