“投銭”のいろいろな読み方と例文
旧字:投錢
読み方(ふりがな)割合
なげせん66.7%
がにうち33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“投銭”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
なるほど、そう思えば、舞台の前に、木の葉がばらばらとちらばった中へまじって、投銭なげせんが飛んでいたらしく見えたそうでございます。
春昼 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
石の投銭なげせんというのは、鳥屋尾左京以来ねえ図だ、投げるなら投げてみろ、一つ二つとしみったれな投げ方をするな、古市の町の石でも瓦でもありったけ投げてみやあがれ、それでも足りなきゃあ五十鈴川の河原の石と、宮川の流れの石とをお借り申して来て投げてみやがれ
大菩薩峠:06 間の山の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
投銭がにうち”と俗にいう博奕で、その頃の庶民が熱中してやったものである。
平の将門 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
PR