“手洗石”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ちょうずいし100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“手洗石”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「我が世も終れり。」というような感慨じみた嘆声がわずかに吐息と一緒に唇を割って出ると今度は眼の裏のまぼろしに綺麗な水に濡れた自然の手洗石ちょうずいしが見え南天の細かい葉影を浴びて沈丁花が咲いて居る。
巴里祭 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)