“慰籍”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
いしゃ50.0%
ゐしや50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“慰籍”を含む作品のジャンル比率
文学 > フランス文学 > 小説 物語1.9%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
それは彼らにとって一つの慰籍いしゃであった。
他の二つの場合(前にべたるものをす)も今おもひ出だし候てだに心をどりせらるゝ一種の光明、慰籍ゐしやに候へども、先日御話いたしし実験は、最も神秘的にしてまた最も明瞭に、インテンスのものに候ひき。
予が見神の実験 (新字旧仮名) / 綱島梁川(著)