“御嫡男”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ごちゃくなん80.0%
ごちやくなん20.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“御嫡男”を含む作品のジャンル比率
哲学 > 仏教 > 仏教20.0%
文学 > 日本文学 > 戯曲0.5%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「細川どのの御嫡男ごちゃくなんは、初陣ういじんこのかた、御功名も度々聞えておりますれば、はや、それどころではございますまい」
新書太閤記:06 第六分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「ほ。其許そこもとがこのお便りにある足利清女あしかがせいじょどのの御嫡男ごちゃくなんかの」
私本太平記:01 あしかが帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「御墨附を手に入れるには、大場石見いはみ樣が隱居を遊ばして、御家督を先代樣の御嫡男ごちやくなん、今は別居していらつしやる、大場釆女うねめ樣にお讓りになる外は御座いません」