“御嫁”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
およめ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
御父おとうさんも、にいさんもわたくしにはなんにもおつしやらないから、らないけれどもと答へて、代さんは、それよりか此間このあひだ御嫁およめさんをと云ひ掛けてゐる所へ、書生が這入つてた。
それから (新字旧仮名) / 夏目漱石(著)