“御仲人”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
おなかうど66.7%
おなこうど33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“御仲人”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「最初はお内儀さんで、次はお富どんのやうに思ひます。それからお糸さんに、御仲人おなかうどが二人、あとはもう」
「店で私が受取り、手代や小僧に奧——と申しても此部屋より外にありません。——此處へ運ばせて、御仲人おなかうどの佐野屋さん御夫婦、それに江島屋の番頭の太兵衞さんに一杯差上げ——」
思えば、結婚前に、何故、一切の事情を御仲人おなこうど様に打ちあけなかったかと、今になって後悔で後悔でなりません。
秘密の相似 (新字新仮名) / 小酒井不木(著)