“廐橋”の読み方と例文
読み方割合
うまやばし100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
廐橋のほうから来たらしい電車がやはり何の音もさせないで来るのを見た。哲郎はゆっくりとレールの上を踏んで歩いた。
青い紐 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
川蒸汽は蔵前橋の下をくぐり、廐橋真直に進んで行つた。そこへ向うから僕等の乗つたのとあまり変らない川蒸汽が一艘矢張を蹴つて近づき出した。
本所両国 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
そして車掌に教えられて、廐橋の通りで乗り換えた。
青年 (新字新仮名) / 森鴎外(著)