“店印”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
みせじるし100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
いっているうちに、お久良は店印みせじるしのついた提灯ちょうちんを手に持って、有村の前へ姿を立たせた。
鳴門秘帖:04 船路の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)