“平河口”の読み方と例文
読み方割合
ひらかわぐち100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
吉宗と万太郎が、やがて望楼を降りてゆきますと、今しも、一挺の不浄駕籠は江戸城の番士に固められて、平河口へ送られようとする矢先でした。
江戸三国志 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
すこしでも刀を抜いているところを見付けられでもしようものなら、弁解も何も取り上げられずに、そのまま平河口から網乗物り込まれて屋敷へ追い返されることになっているのだ。
魔像:新版大岡政談 (新字新仮名) / 林不忘(著)
「捕り押えました曲者、かねてのお指図どおり、ただ今不浄駕籠にのせて、平河口から宗門役人の手へさし渡しまするが、それにてよろしゅうございましょうか」
江戸三国志 (新字新仮名) / 吉川英治(著)