“常樂”の読み方と例文
読み方割合
じやうらく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
持頭は惣髮撫附にて威風近傍を拂つて徐々と進み行く續いて常樂院天忠和尚は紫きの直綴を纏ひ蜀紅錦の袈裟を掛けて手に水晶の念珠を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
常樂
白羊宮 (旧字旧仮名) / 薄田泣菫薄田淳介(著)
常樂
泣菫詩抄 (旧字旧仮名) / 薄田泣菫(著)