“崔琰”の読み方と例文
読み方割合
さいえん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
なぜならば、冀州国中の民数戸籍を正すには、どうしても崔琰諮問しなければ整理ができなかったからである。
三国志:06 孔明の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
毛玠東曹掾に任じられ、崔琰西曹掾に挙げられたのもこの頃である。
三国志:07 赤壁の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
ところが諸人の議場で、尚書の崔琰
三国志:09 図南の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)