“山郭公”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
やまほととぎす66.7%
やまほとゝぎす33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“山郭公”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 日記 書簡 紀行0.2%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「じゃ、一ぱいごちそうになるかな。木曾まで来ると、なんとなく旅の気分がちがいますね。ここは山郭公やまほととぎすの声でも聞かれそうなところですね」
夜明け前:04 第二部下 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
鶫ばかりでなく、裏山には駒鳥こまどり山郭公やまほととぎすの声がきかれる。
夜明け前:01 第一部上 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
山郭公やまほとゝぎすなども啼いて通りさうなところだ。
山陰土産 (旧字旧仮名) / 島崎藤村(著)