“小早川隆景”の読み方と例文
読み方割合
こばやかわたかかげ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
吉川元春小早川隆景も、智勇兼備とよんで恥かしくない大将である。ただこの国に生れ、この家門に育ち、その遺訓を奉じて
新書太閤記:06 第六分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
しかもそれは、毛利の一族、小早川隆景へ返書する大事な外交文書であるらしい。——これにも、数正の常識は、身のき所を失うてまごついた。
新書太閤記:10 第十分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
そして、この微々たる家が、やがて信長、秀吉などの戦国時代にいたっては、かの毛利元就輝元を生み、またその支流からは、吉川元春小早川隆景らの輩出を見るのであった。
私本太平記:02 婆娑羅帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)