“宿習”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
しゅくじゅう100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“宿習”を含む作品のジャンル比率
哲学 > 仏教 > 各宗6.2%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「いや、お前はたしかにそう思っている。お前のそう思うのも一応道理はあるが、九条殿とわしとは先きの世からの因縁である。他の人とは比較にならない。この宿習しゅくじゅうあることを知らないで、謗る心などを起さば罪になるぞ」といわれると見て夢が醒めた。
法然行伝 (新字新仮名) / 中里介山(著)