“宮川寛斎”の読み方と例文
読み方割合
みやがわかんさい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
かねて旧師宮川寛斎が伊勢宇治館太夫方の長屋で客死したとの通知を受けていたので、その墓参を兼ねての思い立ちであった。
夜明け前:03 第二部上 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
半蔵が入門は、中津川の宮川寛斎の紹介によるもので、いずれ彼が江戸へ出た上は平田家をねて、鉄胤からその許しを得ることになっていた。
夜明け前:01 第一部上 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
宮川寛斎万屋の主人と手代とを神奈川に残して置いて帰国の途に上ったことは、早く美濃の方へ知れた。
夜明け前:01 第一部上 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)