客遇きやくあしらひ)” の例文
かく言ひてく笑へり。静緒は客遇に慣れたれば、可羞しげに見えながらも話を求むるにはからざりき。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)