“安珍清姫”の読み方と例文
読み方割合
あんちんきよひめ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
所作の筋は、あの安珍清姫の伝説を脚色したものでございまして、ものの本には、次のようなことが記してございます。
京鹿子娘道成寺 (新字新仮名) / 酒井嘉七(著)
「それでこそ、そうお聞きなさるも無理はない。清姫様というのはね、それ、能狂言にある道成寺……安珍清姫というあの清姫さまでございますよ」
大菩薩峠:05 龍神の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
この冷たさが逆効果を生んで、多与里の情熱をらせるばかり。「こいつは飛んだ安珍清姫だ」