“姜維”の読み方と例文
読み方割合
きょうい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
剣閣のに拠って、鍾会対峙していた姜維も、成都の開城を伝え聞き、また勅命に接して、魏軍に屈伏するのやむなきにいたった。
三国志:12 篇外余録 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
それも種類は二三種しかないから、姜維が馬を走らせるのも、武松が人殺しを演ずるのも、背景には一向変化がない。
上海游記 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
このとき姜維の一手は、また南の柵外に現れて、羗族の大軍がそれから出て、孔明を追撃するのを、妨害するかのような態勢をとった。
三国志:11 五丈原の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)