“大悲山”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
だいひざん100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“大悲山”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
わざと遠くを廻って、西加茂の大悲山だいひざん満樹峠まんじゅとうげをこえ、応ヶ峰へ出て、やがて夜も白みかける頃、吉次と牛若は、京都の北から町へまぎれ入った。
源頼朝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)