“夜蕎麦”の読み方と例文
読み方割合
よそば100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
一膳めし屋の飯の味や、肉を売る闇の女が夜蕎麦よそば売りの灯に舌つづみを打っている姿も知っている彼だ。どれほどそッちの方が生き甲斐ある人間らしい生命かとも思うのだろう。
大岡越前 (新字新仮名) / 吉川英治(著)