“夜壺”の読み方と例文
読み方割合
ナイトポツト100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
寝室の壁の隠し棚に入れて置く夜壺ナイトポツト、たとへこれがペルシヤ模様の清楚華麗な品であるにしても、この始末など、いくら内弟子でも桑子にはさせられない。
花は勁し (新字旧仮名) / 岡本かの子(著)