“四合壜”の読み方と例文
読み方割合
しごうびん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
お照は約束たがえず翌日の晩、表通の酒屋の小僧に四合壜銀釜正宗を持たせ、自身は銀座の甘栗一包を白木屋記号のついた風呂敷に包んで、再び兼太郎をたずねて来た。
雪解 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
大沼善八は、靴を穿いた、裾からげで、正宗の四合壜を紐からげにして提げていた。
白金之絵図 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
四合壜
開扉一妖帖 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)