“喫殻”の読み方と例文
読み方割合
すいがら100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
白鳥はどこの巣へ帰ったのか、もう見えなくなりました。起き直って、巻莨を一本すって、その喫殻を水に投げ込むと、あたかもそれを追うように一つの白い花がゆらゆらと流れ下って来ました。
綺堂むかし語り (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)